性的欲求

プエラリアミリフィカと乳がん

今、欧米では和食がブームで、ヘルシーで食物繊維も多く脂質が少ない健康的な食事だと多くの方が絶賛しています。
でも日本はかなり欧米よりの食事をしていて、昔のように根菜類が多く食事にとりいれられていたり、海藻や魚を好んで食べる食生活とは全く違う食生活になっています。
肉中心の食事で野菜類や海藻、大豆類などの摂取が少なく、生活習慣病などの元にもなっています。

実は日本人は以前から乳がんによる死亡率が低いということが世界的にも注目されていました。
なぜ日本人は乳がんによる死亡率が低いのか?調べてみると、食生活に大いに起因しているという事がわかってきたのです。
欧米型の食事が多くなっている日本人ですが、それでも、味噌、醤油、納豆など「大豆製品」が食生活の中に浸透しています。
お味噌汁に納豆、煮物にも刺身にも醤油を利用しますが、これらは全て大豆から作られたものです。

大豆にはみなさんご存知のようにイソフラボンが含まれていますが、このイソフラボンは植物性エストロゲンであり、女性ホルモンのバランスを整える、また働きをサポートする効果があることが知られています。
大豆を生活の中に取り入れてきた日本人は、知らず知らずに、「女性ホルモンを調整するための食事」を行ってきたのです。
毎日当たり前のように頂く大豆加工食品、調味料が、体、健康を守ってきていたのです。

植物性エストロゲンといえば、プエラリアミリフィカが注目されます。
大豆イソフラボンよりも豊富な含有量があり、しかも活性化の力がとても強い成分を持っています。
更年期障害などの場合、体内の女性ホルモンが減少した状態ですから、プエラリアミリフィカは女性ホルモンを増量させバランスを取りますが、性ホルモンが増加しすぎた場合には減少させ、バランスを取るという働きをします。

つまり、乳がんなどの性ホルモンが大きく係るがんについて、プエラリアミリフィカの効果が期待できるというわけです。
女性ホルモンのバランスをしっかり調整しておく、ということは、健康的に生きていくためにとても有効なものなのです。

Copyright(C) 2013 女性に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.