性的欲求

プエラリアミリフィカの妊娠時の使用

以前、こんなことを聞いたことがあります。
プエラリアミリフィカを摂取していると妊娠しやすい体を作るというお話です。
確かに、プエラリアミリフィカは生理不順を正常に改善する働きがあることが知られています。
植物性エストロゲンが女性ホルモンと同じような働きを持っているため、ホルモンバランスが整い、生理が正常に訪れるよう改善してくれます。
この働きが、妊娠しやすくしてくれるという事と思われているのかもしれません。

妊娠前に摂取しておくといいといわれているものに「マカ」があります。
マカは男性にも女性にも効果を発揮します。
マカは生殖機能を活性化する作用がありますので、妊娠しやすい体をつくるサプリメントといっていいでしょう。
妊娠する可能性がある、という場合、葉酸を摂取しておくこともいいことです。
妊娠初期に葉酸が不足すると神経管閉鎖障害を引きおこす可能性があります。
赤ちゃんの為に、しっかり葉酸を摂取しておきましょう。

プエラリアミリフィカは、女性の体の健康、美容にいい効果を発揮してくれる成分として人気がありますが、妊娠中に摂取するというのはどうなんでしょう。
妊娠中はホルモンバランスが乱れ、様々な症状がおこることがわかっていますが、それらの改善につながるのでしょうか。

サプリメントなど商品を確認してみてください。
どの商品にも、「妊娠中は利用しないでください」という言葉が書かれているはずです。
植物性エストロゲンは女性ホルモンと同じような効果があります。
その点については大豆イソフラボンなどと同じなのですか、含有量の多さ、また活性力の強さなどを考えると、妊娠中の方には作用が強すぎるのです。
女性ホルモンのバランスが減少しているという事ではなく、妊娠中で不安定な状態になっているところへ、強力なエストロゲンの作用があるプエラリアミリフィカの成分が摂取されれば、副作用のリスクを大きくしてしまう事につながります。
妊娠中は利用しない、という事をよく理解しておきましょう。

Copyright(C) 2013 女性に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.