性的欲求

プエラリアミリフィカの副作用に関して

日本では健康系商品に利用されることが多いプエラリアミリフィカですが、原産国のタイでは、お薬としての利用が多かった植物です。
そのため、サプリメントにしてもクリームにしても、そのほかの商品よりも強力な作用があり、そのため、利用する量は説明書をよく読んで利用するように心がける必要があります。
こうした容量用法をしっかり守っている場合、プエラリアミリフィカについての副作用はほぼ、ないと考えていいでしょう。

美肌や豊胸、というと、ついつい多く飲んで効果がたくさん出るように・・なんて思ってしまうものですが、それはよくありません。
というのも、プエラリアミリフィカについては、1日100mg迄とされているからです。
効果が強い成分のため、これ以上の利用については副作用の心配が懸念されるのです。
植物性エストロゲンというと、大豆などに含まれるイソフラボンと同じと考えてしまいがちですが、成分は同じでも、含まれる量に大きな違いがあるのです。
大豆に含まれているイソフラボンと比較するとミロエステロールについては1000倍、デオキシミロエステロールについては10000倍というすごさです。
このように大豆と同じような成分が含まれていても、その含有量に大きな違いがあるということは、こんなにも豊富な量の成分を利用しても、体に影響がないのか?という強いレベルだという事です。

適用量、使用量を守らずにたくさんの量のプエラリアミリフィカを利用してしまえば、副作用の心配も出てきます。
報告されているのは、肌荒れ、抜け毛、また生理不順などです。
商品によって利用する量が違いますので必ず説明をしっかり読み、必要量だけを利用する事が必要となります。

せっかく美容や健康に効果が期待される成分です。
自分の利用の仕方によってその効果が悪い方に出てしまうのでは意味がありません。
使用上の注意や必要量をよく把握し利用する事、また、人によっては通常量利用していても、副作用的な症状が出る方も、稀ですがないとは言えません。
そのため、もしこのような症状が出たら、即利用を中止しましょう。


Copyright(C) 2013 女性に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.